My Tracking

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

My Tracking

記憶力の低下が気になるアラフォー男の備忘録

【MicrosoftAzure】Windows仮想マシンを日本語化する。

下記書籍によると、MicrosoftAzureのギャラリーで提供されているWindowsは すべて英語版。ただし、WindowsServer2008以降では、日本語化が可能。

参考書籍

以下書籍を参考にしている。

Windows仮想マシンを日本語化する。

MicrosoftAzureのギャラリーから展開したWindowsServer2012R2を 日本語化してみる。

MiscrosoftAzure上に展開した WindowsServer2012R2の[ControlPanel]を開く。

[Clock,Language and ,Region]の下の [Add a Language]をクリックする。

[Add a Language]をクリックする。

[日本語]を選択する。

[日本語]をクリックし選択後、[Move up]をクリックして 一覧の一番上に移動する。

[Options]をクリックする。

しばらく待つ。

[Download and install language pack]をクリックする。

日本語パックのダウンロードとインストールが開始される。

しばらく待つ。

インストールが完了する(15分ぐらいかかる)ので、 [close]

[Change date , time ,or number formats]をクリックする。

[Administrative]タブをクリックし、 [Copy settings]をクリックする。

以下の2つのチェックボックスをオンにして [OK]する。

再起動を促すダイアログボックスで 一旦[Cancel]する。

続いて、[Change system locale]をクリックする。

[Japanese(Japan)]を選択して、[OK]をクリックする。

[Restart now]をクリックする。

インストールには結構時間がかかる。 15分~20分程度たったのち、再度ログインすると

日本語に変わっている。