My Tracking

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

My Tracking

記憶力の低下が気になるアラフォー男の備忘録

【MicrosoftAzure】Windows仮想マシンへRDP接続する。

Azure

Download Microsoft Azure 自習書一式 from Official Microsoft Download Center

上記で、「自習書シリーズ」に基づき、作成したWindows仮想マシンへRDP接続してみる。

目次

参考書籍

以下を書籍を参考にしている。

PowerShell for Azure

PowerShell for Azure

RDP接続する。

ここでは、Azureの管理コンソール上で、 RDP接続先の仮想マシン(ここではSQL01)を選択する。

仮想マシンを選択したら、[接続]を押下。

RDPファイルがダウンロードされる。

ダウンロードしたRDPファイルをクリックする。

[接続]を押下する。

仮想マシン作成時に指定した管理者IDとパスワードを入力し、[OK]を押下する。

[はい]を押下する。

仮想マシンにRDP接続できることを確認する。

PowershellでRDPファイルを一括取得する。

Powershellで作成した仮想マシンのRDPファイルを一括取得する場合の例は下記の通り。

# リソースグループ 
$rg = "AW-RG"
$VMs = Get-AzureRmVM -ResourceGroupName $rg

foreach ($VM in $VMs)
{
    $FileName= $VM.Name + ".rdp"
    Get-AzureRmRemoteDesktopFile -ResourceGroupName $rg -Name $VM.Name -LocalPath C:\Users\xxxxxxx\Desktop\SetUp\Azure\$FileName
     
}

下記のとおり、RDPファイルが一括取得(ここでは計2個)される。