My Tracking

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

My Tracking

記憶力の低下が気になるアラフォー男の備忘録

【CheckPointR77.30】検証記⑦(SmartConsoleインストール)

ファイアーウォールで有名なCheckPoint社の R77.30について、少し検証する必要があったため、その備忘録。

なお、以降記載の手順は、検証目的のため、必ずしも正規の手順ではないかもしれませんので、ご了承ください。

目次

前回までの前提

前回までで、構成の概要を決めながら、

mytracking.hatenablog.com

Gaiaのインストールを3台実施し、

mytracking.hatenablog.com

さらに、マネージメントサーバを構築し、

mytracking.hatenablog.com

ファイアーウォールゲートウェイ(2台)を構築し、

mytracking.hatenablog.com

IPアドレスを設定し、

mytracking.hatenablog.com

staticルーティングまでを設定した。

mytracking.hatenablog.com

以降では、ファイアーウォールのポリシー設定をなどを行うために、 CheckPoint社の管理ツールである「SmartConsole」をインストールする。

インストール前に

まずは、

「SmartConsole」をインストールするにあたっては インストーラを入手する必要があるが、入手にあたっては、 以下、2通りがある。

当初、マネジメントサーバより、下記の通りインストーラをダウンロードし、

Windows7にインストールを試みたところ、インストール自体完了するものの、 起動時に下記のエラーが発生し、SmartConsole自体起動しない問題が発生。

Visual Studio 2013 の Visual C++ 再頒布可能パッケージをダウンロードし、

改めてインストールしたものの、問題が改善しなかったため、 CheckPoint社のサイトから、最新のインストーラをダウンロードしたうえで、 Windows10にSmartConsoleをインストールすることに。

最終的な配置図としては、以下の通り。

本来インストールしようとした、内部セグメントに位置するWindows7のPC(192.168.1.45)に SmartConsoleをインストールしようとしたものエラーとなった。

そこで、本来あり得ない配置となるものの、検証目的であることと機材の数が足りないことも あり、外部セグメントに位置するWindow10のPC(192.168.3.5)にSmartConsoleを インストールするものとして、以降の手順を記載。

SmartConsoleインストール手順

まず、CheckPoint社のサイトから、最新のインストーラをダウンロードする。

(URL)

https://supportcenter.checkpoint.com/supportcenter/portal?eventSubmit_doGoviewsolutiondetails=&solutionid=sk104859

ダウンロードしたインストーラを管理者権限で起動する。

[Next]を押下する。

同意して、[Next]を押下する。

インストール先の選択。 ここでは、デフォルトインストール先に インストールするものとして、[Next]を押下する。

インストールコンポーネントの選択。 ここでは、[Custom]を選択し、[Next]を押下する。

インストールコンポーネントの選択する。 今回の検証では、以下のコンポーネントが必要となるため、 最低限それらを選択し、[Install]を押下する。

  • SmartDashBoard (ポリシーの設定)
  • SmartViewTracker (ログの解析)
  • SmartView Monitor (クラスタの状態確認)

インストールが開始される。

インストールが完了したら、[Finish]を押下

インストール後、[SmartDashBoard]を起動し、 以下の入力を行い、ログインする。

  • admin
  • パスワード(ここでは「Gaia321」)
  • マネージメントサーバ(ここでは「192.168.1.70」)

初回のみ、下記が表示されるので、[Approve]

問題なく、下記のポリシーの設定画面が表示されることを確認する。

ここまでで、SmartConsoleから、ファイアーウォールの 各種設定が可能となったため、以降で、クラスタの構築、 ファイアーウォールルールの設定などをSmartConsoleを通じて、 行っていく。

【CheckPointR77.30】検証記⑥(staticルーティングの設定)

ファイアーウォールで有名なCheckPoint社の R77.30について、少し検証する必要があったため、その備忘録。

なお、以降記載の手順は、検証目的のため、必ずしも正規の手順ではないかもしれませんので、ご了承ください。

目次

前回までの前提

前回までで、構成の概要を決めながら、

mytracking.hatenablog.com

Gaiaのインストールを3台実施し、

mytracking.hatenablog.com

さらに、マネージメントサーバを構築し、

mytracking.hatenablog.com

ファイアーウォールゲートウェイ(2台)を構築し、

mytracking.hatenablog.com

IPアドレスまでを設定した。

mytracking.hatenablog.com

以降では、設定したアドレス体系に基づき、静的なルーティング(static)を設定していく。

ルーティング(static)の設定に関して

今回設定を行うルーティングの設定は、あくまでstaticルーティングのため、 以下の要件に基づき、

下記のように設定を行う。

  • 自身が接続されたセグメント毎に出力インターフェースを設定する。
  • 自身が接続されていないセグメント宛のデフォルトゲートウェイを設定する。

以降では、マネージメントサーバでのルーティング設定を記載するが、 ファイアーウォールゲートウェイサーバでも設定手順は同様となる。

staticルーティングの設定に関して

管理サーバのIPアドレス(ここでは、「https://192.168.1.71/」) にhttps接続し、adminでログインする。

左ペインの[IPv4 Static Routes]を選択し、 中央のペインの[IPv4 Static Routes]-[Add]を押下する。

ルーティング対象の宛先を[Desitinateion]に設定し、 サブネットマスクを[Subnet mask]に設定する。

その後、AddGatewayについては、以下の選択が可能。

  • [IP Address]
  • [Network Interface]

上記に基づき、適切なゲートウェイの種類を選択する。 ここでは、[Network Interface]をを選択する。

デフォルトゲートウェイ設定時など、NextホップにIPアドレスを設定する場合は、ここで、 [IP Address]を選択する。

出力インターフェース(ここでは[eth0])を選択し、[OK]

追加した出力インターフェースが一覧表示されたら[Save]

これを要件に応じ、ルーティング対象の宛先ごとに繰り返し、設定された マネージメントサーバのルーティングが下記の通り。

同様の手順で、ファイアーウォールゲートウェイ側の ルーティング設定は下記の通り。

staticルーティングの設定は、各要件に応じて、 内容は変わってくるものの、設計が固まれば、上記のように 簡単なオペレーションで設定が完了する。

これまでは、マネージメントサーバおよび ファイアーウォールゲートウェイの管理画面にhttps接続を行うことにより、 設定を行ってきたが、以降は、ファイアーウォールポリシーなどを 行っていくために、CheckPoint社の管理ソフトウェア「SmartConsole」を インストールしていく。

【CheckPointR77.30】検証記⑤(IPアドレスの設定)

ファイアーウォールで有名なCheckPoint社の R77.30について、少し検証する必要があったため、その備忘録。

なお、以降記載の手順は、検証目的のため、必ずしも正規の手順ではないかもしれませんので、ご了承ください。

目次

前回までの前提

前回までで、構成の概要を決めながら、

mytracking.hatenablog.com

Gaiaのインストールを3台実施し、

mytracking.hatenablog.com

さらに、マネージメントサーバを構築し、

mytracking.hatenablog.com

ファイアーウォールゲートウェイ(2台)を構築した。

mytracking.hatenablog.com

以降では、マネージメントサーバとファイアーウォールゲートウェイサーバに IPアドレスを設定していく。

IPアドレスの設定に関して

今回の検証環境では、以下のセグメントを利用する想定となっている

最終的に、上記セグメントに対して、下記の通り、 IPアドレスを設定する必要があるが、

これまでの手順では、「192.168.1.0」のネットワークセグメントに対してのみ、 IPアドレスが設定されているので、そのほかのセグメントのIPアドレスを設定する。

以降では、マネージメントサーバでのIPアドレス設定を記載するが、 ファイアーウォールゲートウェイサーバでも設定手順は同様となる。

マネージメントサーバのIPアドレス設定

管理サーバのIPアドレス(ここでは、「https://192.168.1.71/」) にhttps接続し、adminでログインする。

その後、左ペインの[Network Interfaces」を選択し、 Interfasecsの一覧が表示されるので、ここで、設定対象となる インターフェース(ここではeth1)を選択し、[Edit]を押下。

[Enable]欄にチェックを入れて、IPアドレス(ここでは192.168.3.70)を設定し、 [OK]

同様に、インターフェースの一覧から、設定対象となる インターフェース(ここではeth2)を選択し、 [Enable]欄にチェックを入れて、IPアドレス(ここでは172.16.1.70)を設定し、[OK]

設定が下記の通りとなったことを確認する。

ファイアーウォールゲートウェイIPアドレス設定

先述のIPアドレスの設定をファイアーウォールゲートウェイにも設定する。 設定後のIPアドレスについては、下記の通り。

IPアドレスの設定が完了したら、次にルーティングの設定を行う。

【CheckPointR77.30】検証記④(ファイアーウォールゲートウェイサーバ構築)

ファイアーウォールで有名なCheckPoint社の R77.30について、少し検証する必要があったため、その備忘録。

なお、以降記載の手順は、検証目的のため、必ずしも正規の手順ではないかもしれませんので、ご了承ください。

目次

前回までの前提

前回までで、構成の概要を決めながら、

mytracking.hatenablog.com

Gaiaのインストールを3台実施し、

mytracking.hatenablog.com

さらに、マネージメントサーバを構築した。

mytracking.hatenablog.com

以降では、ファイアーウォールゲートウェイを構築する。 ここでは、後でファイアーウォールゲートウェイクラスタ構成にするため、 下記、2台のゲートウェイを構築する。

  • ホスト名:「gaia1(192.168.1.71)」(クラスタ構成時は主系)
  • ホスト名:「gaia2(192.168.1.72)」(クラスタ構成時は副系)

なお、ここでは、「gaia1」(1台目)の構築時の手順のみ、 記載するが、「gaia2」(2台目)も同様の手順となる。

ファイアーウォールゲートウェイサーバ構築

ファイアーウォールゲートウェイサーバにeth0に「192.168.1.71」 がすでに振られているため、同セグメント上のPC「192.168.1.45」 からWEBブラウザでマネージメントサーバにhttps接続して設定を行う。

同セグメント上のPCから、マネージメントサーバにhttps接続を行う。 ここでは、https://192.168.1.71がアクセス先となり、 接続すると、下記のように、adminでログインする。

下記の画面で、[Next]

下記の画面で、デフォルトで[Next]

すでにeth0には、Gaiaインストール時に設定したIPアドレスが 設定されているため、このまま下記の画面で、[Next]

下記の画面で、デフォルトで[Next]

ホスト名(ここでは「gaia1])を設定し、 DNSサーバは、既設のDNSサーバお設定し、[Next]

時刻の設定画面で、検証環境のため、ここではNTPサーバは設定せず、 マシンローカルの時刻を使うことにし、[Next]

下記を選択し、[Next]

機能の選択。ここでは、マネージメントサーバを単独で 構築するため、「Security Gateway」のみを選択し、

さらに、[Clustering]-[Unit is a part of a cluster type]にチェックを行い、 [CluseterXL]を選択し、[Next]

adminのパスワード(ここでは、「Gaia321」)を設定し、[Next]

確認画面で、問題なければ、[Finish]

以下で[Yes]、設定が開始される。

インストールが開始されるため、しばらく待つ。(15分程度)

インストールが終了すると、以下の画面となり、 [OK]を押下すると、設定が完了する。

上記と同じ手順で、もう1台のゲートウェイ(ここでは、「gaia2」) を構築しておく。

【CheckPointR77.30】検証記③(Managementサーバ構築)

ファイアーウォールで有名なCheckPoint社の R77.30について、少し検証する必要があったため、その備忘録。

なお、以降記載の手順は、検証目的のため、必ずしも正規の手順ではないかもしれませんので、ご了承ください。

目次

前回までの前提

前回までで、構成の概要を決めながら、

mytracking.hatenablog.com

Gaiaのインストールを3台実施した。

mytracking.hatenablog.com

以降では、後で設定するファイアーウォールゲートウェイを管理するために必要となる マネージメントサーバを構築する。

なお、CheckPointR77.30上、ファイアーウォールゲートウェイとマネージメントサーバ を共用させることは可能となるが、ここでは、単独でマネージメントサーバを構築する。

また、ここでは、マネージメントサーバにeth0に「192.168.1.70」 がすでに振られているため、同セグメント上のPC「192.168.1.45」 からWEBブラウザでマネージメントサーバにhttps接続して設定を行う。

Managementサーバ構築

同セグメント上のPCから、マネージメントサーバにhttps接続を行う。 ここでは、https://192.168.1.70がアクセス先となり、 接続すると、下記のように、adminでログインする。

下記の画面で、[Next]

下記の画面で、デフォルトで[Next]

すでにeth0には、Gaiaインストール時に設定したIPアドレスが 設定されているため、このまま下記の画面で、[Next]

下記の画面で、デフォルトで[Next]

ホスト名(ここでは「gaia3])を設定し、 DNSサーバは、既設のDNSサーバお設定し、[Next]

時刻の設定画面で、検証環境のため、ここではNTPサーバは設定せず、 マシンローカルの時刻を使うことにし、[Next]

下記を選択し、[Next]

機能の選択。ここでは、マネージメントサーバを単独で 構築するため、「Security Management」のみを選択し、[Next]

adminのパスワード(ここでは、「Gaia321」)を設定し、[Next]

GuiClientの接続元を指定するが、ここでは、一旦[Any IPAddress]で 許可し、[Next]

確認画面で、問題なければ、[Finish]

以下で[Yes]、設定が開始される。

しばらく待つ。(15分程度)

設定が完了すると、以下の画面となるため、[OK]

[OK]を押下すると、以下の画面に遷移し、ここでの設定は完了。

以降で、ファイアーウォールゲートウェイを構築していく。

【CheckPointR77.30】検証記②(Gaiaインストール×3台分)

【CheckPointR77.30】検証記②(Gaiaインストール×3台分)

ファイアーウォールで有名なCheckPoint社の R77.30について、少し検証する必要があったため、その備忘録。

なお、以降記載の手順は、検証目的のため、必ずしも正規の手順ではないかもしれませんので、ご了承ください。

目次

Gaiaインストールについて

CheckPointR77.30をインストールにあたり、 まずは、OSである「Gaia」をインストールする

CheckPoint社のOSは従来、「SecurePlatform」と呼ばれるものであったが、 CheckPointR75.40あたりから、OSを再設計し、OSが刷新された(はず)。

そのため、ここでもCheckPointR77.30のOS「Gaia」をインストールする。

インストールする順番

計3台インストールするが、基本的に手順は一緒。 ただし、順番としては、以下の順番で、まずマネージメントサーバをインストールする。

ライセンス

ここでは、評価版の14日間限定ライセンスを使用する。

ダウンロード先

CheckPoint社のサイトから、事前にダウンロードする。

(ダウンロード先)

https://supportcenter.checkpoint.com/supportcenter/portal?eventSubmit_doGoviewsolutiondetails=&solutionid=sk104859

サイトに行ったら、以下のファイルをダウンロードする。

(ダウンロードファイル)

Check_Point_R77.30_3000_5000_15000_23000_Sandblast_Appliances.iso

なお、ダウンロードには あらかじめ、CheckPointのサイトのアカウントを作成しておく必要がある。

ダウンロードしたISOファイルをブータブル形式でCDに焼くか、 ISOファイルをVmwareのデータストア上にアップロードしておく。(ここでは、データストア上にアップロードした)

インストール手順

ここらは、3台インストールうち、1台目のマネージメントサーバの インストール時の手順を記載するが、基本的には、2台目(ファイアーウォールゲートウェイ)以降の 手順についても、IPアドレスの設定の箇所を除けば一緒となる。

ISOを指定して起き、仮想マシンの電源をONする。

以下の画面が表示されたら、[Install Gaia on this system]を選択し、Enter

ファイルのロードが始まるので待つ。

[OK]を押す。※カーソルはタブキーで移動。

言語はJapaneseを選択し、[OK] ※カーソルはタブキーで移動。

そのまま(デフォルト)で[OK]

管理者「admin」のパスワードを入力(ここでは「Gaia321」)

下矢印で、[eth0」を選択し、タブキーでカーソル移動し、[OK]

問題なければ、[OK]

インストールが開始される

インストール途中。

15分程度でインストール完了する。[Reboot]する。

ログイン画面が表示される。

取り合えず、これでGaia(マネージメントサーバ)のインストールは終わり。 これを、ファイアーウォールゲートウェイ分(2台)もインストールしておく。

【CheckPointR77.30】検証記①(概要)

ファイアーウォールで有名なCheckPoint社の R77.30について、少し検証する必要があったため、その備忘録。

目次

経緯

仕事上、ファイアーウォール老舗である「CheckPoint社」の R77.30も含めた様々なファイアーウォールの導入を検討しなくては ならず、いろいろ検討している。

FortiGateやパロアルトネットワークなど社など 様々な選択候補などがあるものの、やはり自分的には、 ファイアーウォールはといったら、「元祖ステートフルインスペクション」たるCheckPoint社の ファイアーウォールである。

昔は、英語のマニュアルをベースに学習するしかなかったが、 いまでは、YouTubeなどで設定方法などが紹介されていることや Vmware環境で、環境が構築できてしまうので、ここでは、以下の機材を使用し、 CheckPointR77.30の検証を行っていく。

なお、物理的な機材としては、

  • VmwareEsxi5.1(HP Proliant360G5 メモリ6GB)×1台
  • Windows10のクライアントPC×1台

となり、ここでは、VmwareEsxi5上に以下のCheckPointR77.30の仮想サーバを構築していく。

  • CheckPointR77.30ゲートウェイ×2台
  • CheckPointR77.30マネージメントサーバ×1台
  • 内部用PC×1台
  • DMZに収容する外部向けWebサーバ×1台

また、Windows10のクライアントPCには、CheckPointSmartConsoleをインストールして、ポリシーインストールなどを行っていく。 Windows7(内部用PC)にCheckPointSmartConsoleをインストールしたら、エラーとなったため、 ここでは、Windows10にインストールした。

ライセンス

14日間の評価来仙を利用する。

パスワード設定など

今回の環境で設定するパスワードの類は、 すべて「Gaia321」とする。

ネットワーク構成

まずは、検証用途のネットワーク構成。

我ながら、よくわからないネットワークであるが、一応こんなイメージ。 自宅のネットワークと限られた機材で行うため、とりあえず、検証が行えることを 優先しているため、設計の良し悪しはこの際、度外視。

ネットワークセグメント

ネットワークセグメントはセグメントは以下の通り。 構築対象のファイアーウォール(ゲートウェイは) 下記すべてのセグメントを割り当て、そのほか疎通用のサーバは、 該当するセグメントのIPをそれぞれ割り当てる。

IPアドレスなど

IPアドレスなどのそれぞれのホスト情報は下記の通り。

ファイアーウォール用仮想マシンVmwareの設定

それぞれ、以下の設定を行う。

  • CPU:1つ
  • メモリ:1G
  • ディスク:30GB

  • gaia1:ファイアーウォールゲートウェイ(主系)

  • gaia3:マネージメントサーバ

ここからの構築シナリオ

おおむね、以下の順で構築を行う。

①OSのインストール(CheckPointR77.30 GaiaOS) 順番は以下の通り。

②ルーティングの設定

クラスタの構築

④オブジェクトの設定

⑤各種オブジェクトの作成

⑥ポリシーインストール